前回のblogで 脳サプリと当サロンで扱ってるお茶のことを少しだけ書きました。

このお茶と始めて会ったのは、アタクシが鈴鈴先生の所に「十二経絡の手技」を習いに行き始めてからでした。

煎じ薬のようにトロッと濃く、
「淹れたての熱々」で出てきたことは、まずありません。
いつもヌルく、美味しいと思った事は一度もありませんでした。
※のちにコレは「ただの作り置き」であり、そのように呑むものでは無いということがわかりました。

先生からお茶を飲むように勧められましたが、袋の大きさ&値段の高さから買い求めた事はありませんでした。

頑として手をつけないアタクシに
先生がプレゼントしてくれましたよ。

「素直に取り入れてみよう」と、自らが思わなければ
例えソレが100円だったとしても、せっかくの善意であったとしても

まるで得にも価値にも無らないものです。


そんなアタクシが、なぜこれほどもまでにこのお茶に心酔してるのか、、、、。

理由は2つあります。

その1:このお茶を作り、提供してる台南市に住む「王老師」の「想い」に
昨年4月に台湾に行ったときに触れたからです。
東北の震災による放射線の影響に、日本全土が震えていたとき
このお茶を王先生が日本の皆さんへと、100袋提供してくださいました。

1袋=1斤=600g × 100袋


このお茶のつくり方は全て手作業です。

まず茶葉に白麹、赤麹、黒糖、茶葉汁 をまぜて発酵させます。

1次発酵を終えたら、天日で乾かします。



左のオジさんが持ってる熊手で、シート一杯に1次発酵された茶葉を伸ばし乾かします

(写真左から2番目が、アタクシの母マチコです。一番右が鈴鈴先生です)

発酵の段階で有用なバクテリアが発生いたします。

発酵⇒天日干し の、作業を1ヶ月の間に3回繰り返し
お茶が出来上がります。

この有用なバクテリアの中に、放射線物質を解毒する。という驚くべき効能があるのです。

しかし、日本の「薬事法」やら何やらでそれは公に出来ません。

何とか伝えたいと本国の検査機関に、「解毒」を謳う漢方薬のビッグネームたちと
その数値を調べて貰ったりして、資料に致しました。



ビッグネームは、「霊芝」「黄連解毒丸」と、言った馴染みのもの。
比較数値表はアタクシの手元にもあります。
そのビッグネームの解毒数値とは、遥かかけ離れた数字をたたき出してるのが、このお茶です。

アタクシの師匠である鈴鈴先生は、日本の薬事法なんか知るか!?くらいの勢いで
独自レフィールも作りました。

これは、まったくのど素人のアタクシでも「ヤバイんじゃないの?」というほどの
「効能、効果の謳いよう」



まず、「酵素ウーロン茶」というネーミングからしてダメなんだそうです(笑)

効能:
1 免疫力の強化、抵抗力の増進、各種アレルギー体質の改善
2 風邪ちインフルエンザの予防、炎症を抑える(ガン予防)、身体に溜まった毒素を取る
のどの乾きを潤す、便秘や下痢の改善。
3 緊張している神経をリラックスさせて睡眠の質をあげる
4コレステロールや血液中の脂肪を下げ、血圧や血糖値を改善
5骨の再生を促し、利尿作用があり、特に腎臓に効果がある。


こんな飛びつきたくなるような文言たち、絶対にダメだと思いました(笑)

だけど、たまたま出会ったこのお茶の、効能や効果を言いたくなるほどのパワー。

これは口伝えであるならいいんじゃない? と、ど素人ヒガシ。思うほどの体験があったのです。

それが「理由2」です。


しかし、理由1をまとめます、




このような素晴らしいお茶を、外国の方が
日本へ。と思ってくれるその気持ち。
無償、見返りなしの無名の戦士でございます。

台湾の親日ぶりは、台北あたりではわかりませんでしたが
台湾本土の中央から南にあたるところでは
肌に突き刺さるほどに感じました。

その恩恵だけ受けてるのが、たまたまアタクシなんです。

だからこそ「つなげたい」と思いました。

アタクシの手柄でも、人徳でもないところで、出会っている奇跡。


すでに沢山の方にこのお茶を提供しています。

1斤(600g)=7800円です。



1袋=1斤=600gで 
家族3人=1日平均2リットルを淹れたとしても、1年くらいは持ちます。

つまり1ヶ月650円のお茶代、家族全員で、どんなことまで及ぶのか、

アタクシの「逆流性食道炎」の改善
夫の「潰瘍」
当サロンのお客様S様のご次男の引きこもりの改善

を、順次お話させていただきます。


その前に、実は水面下で

この1斤=600gという「大袋」を

日本に馴染みのある100gにして、ご提供したいと
昨年の暮れから思っておりました。

様々な方のご協力の元、
やっと実現するか?!というタイミングで、またまた降り出しに戻りました(笑)


まず、コチラです。

ネーミングの段階で、台湾本国でも「ダメ」と言われていた
「発酵ウーロン茶」のネーミングが通った。という驚きのニュース



茶葉じたいは、プーアール茶で使用する茶葉でない事は
以前から聞いておりました。
茶葉さえもこだわりであり、それを敢えて発酵させる贅沢。

しかし、中国茶は
フロム〇〇〜
ここはとても大事なんだそうですよ。
福建省であれば、鉄観音茶とかね。

アイデンティティは、存在価値ですからね。こだわるべきだし、まもられるべきです。


ひとまず、沙羅の氣に昨日届いたお茶は
画像のように「プーアール茶」ではなくなり
「発酵ウーロン茶」になっておりました。


茶葉の抽出、淹れ方も若干変わってますが、
中身は一緒だそうです。



そんな訳で、アタクシ。
1年ぶりに師匠の陳 鈴鈴と会ってきます。

先生とアタクシしか、この素晴らしいお茶を買えるルートが無いからです。

アタクシと先生は、
アタクシがそもそも生意気である事と、
先生が25年も日本に居るのに、日本に対して「ここがだめだよ日本人」に囚われすぎてるため

お互い、アンチ代表みたいに
学びながらも唾ぜりあうという、、、非常に珍しい師弟関係です。



だけど、だけどね。
先生なくして、いまのアタクシは絶対にありえない。


丁寧に、そして沢山の経験をニュースにしなきゃいけない。
シェアしなきゃならない。と、思っています。


そして!!!!新しいアイテム!!!!







六神粉という王先生プレゼンのそば粉のようなものと無添加のアレコレのクッキーなんです。


なまら旨い。


このクッキー、沙羅の氣ご利用のお客様に
おそらく5月一杯までご提供できます。






本日も読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m


お茶のお問い合わせはコチラ ↓↓↓
http://sharanoki.com/contact


沙羅の氣HP:http://sharanoki.com/
沙羅の氣fB:https://www.facebook.com/sharanok
 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • やまぼうしオートキャンプ場:【修行キャンプ第19弾】
    沙羅の氣 ヒガシ
  • やまぼうしオートキャンプ場:【修行キャンプ第19弾】
    Mini花
  • 第3期足ツボ講座を持ちまして終了します。
    沙羅の氣 ヒガシ
  • 第3期足ツボ講座を持ちまして終了します。
    Mini花
  • 自分で実験してみました。ペペコートの魔法
    沙羅の氣 ヒガシ
  • 自分で実験してみました。ペペコートの魔法
    高橋真紀
  • 拡大していくのは、ひとりひとりの気づき。
    沙羅の氣 ヒガシ
  • 拡大していくのは、ひとりひとりの気づき。
    高橋真紀
  • 2016年1月に思うこと。
    Mini花
  • パーソナルパワー
    Mini花

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM