一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.05.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


2月イッパイで朝活バイトを辞めまして
3月から朝活セルフヒーリングを始めました。

毎週水曜日、木曜日の朝は4時半に起きて、5時18分の電車に乗り
9時までバイトをしていました。

わずか3時間、週2と言えど
それなりに「くそっ!」って事があるんですよ。
バイトは全部、苦行でした。

一昨年の夏。東京に越してきたその年。

第1のバイトを始めます。

ミッションサロン開店準備のすべての什器備品はバイト代で揃える。

家の貯金を1銭も持ち出さない。
全部、自分のチカラで1から準備する


これが自分に課せたミッションでした。

なぜなら、「やる覚悟」が充分でなかったからです。

夫の「いつやんのよ。早くしれや。」という執拗な煽り。
「やるっつーの。自分のタイミングでやるんだから黙ってれや。」という言い訳。

自分の心、癖、本音は、自分が一番よーくわかっています。

逃げ出さないように、自分で仕向けたミッションでした。

夏のお中元、冷蔵倉庫の短期間バイトでした。



ベルトコンベアーに流れてくる荷物を、地域ごとに仕分けます。
7月とは思えない、防寒装備で。
時給、900円、、、、。
交通費ナシ。 駅から徒歩20分。 しかも小菅。


誰がどーみたって過酷な感じ。
一度も経験の無い世界です。

ところが、面白かった。
腹のソコから声を出さなきゃいけなかった事とか。
過酷さゆえに、妙に団結してるバイト衆の皆さんとか。

自分の屁にもならない鼻っ柱をへし折った貴重な経験でした。

短期間だったからこそ出来たかもしれません。

人間関係は良かったですが、ガテン系の肉体労働。
毎日シップを貼ってました。
ビールのケースを積み上げたり、テーブルに流したり
「バタンキュー」ってこうゆう事を言うんだな。っていうくらい
家に帰ったら「一声」も発することができませんでした。

しかし、アタクシこのバイトで、



照明を買いました。



そして、施術ベッドも。(まだまだ物置状態のサロン内)



もう、これで、、、、、









賽はふられた。









です。


第2のバイトは「試食販売」のバイトです。

これはぶっちゃけ、やってみたかったバイトです。

だって営業でしたからね。ずっと。

ガチのライヴ感。よーいドン!でドコまで捌けるか。


いやー。これがすごかった。
「完売のミキトニー」と言われるくらいすごかった。←(言われてない)


仕事の内容そのものは楽しかったけど、、、、、

バックヤードがヤバかった(派遣先のスーパーやらテナントやら)


ハラワタが煮えくり返る思いでした。

このヒエラルキーなに?っつーくらい。

オマエがどんだけ偉いんだい?っつーくらい。

パート、派遣スタッフ、サンドバック状態。
アタクシが権力だったら目には目。で、やってまうど。ヲイっ!
っつーくらいえげつなかった。


夫にね。言いました。
間違ってもこんなオヤジになるな。と。


怒りでワナワナ震えました。


アタクシ、思いました。

弱い。すさまじく弱い。だから社会的に弱い立場の人間をいたぶることで
沽券?股間? 立てた氣になってるんだろう。


ほんのちょっと立場的に上の人間に、あなたたち思うことあっても10%も返せないでしょ。

アタクシがリーマンだった頃。

「最終的に旦那がいるじゃん。だからそーやって勢いいいこと言ってられるんだって。」と

何百回言われたかわかりません。



まーいいや。それでいいとしても、
女の横っ面叩いて、いい気持ちになってるんじゃないよ。   とね。


そう思ったバイトでした。


第3弾はコンビニ。

前々からコンビニのオペレーションは難しいと思っていたからでした。

朝6時〜9時の3時間。早朝バイトで勝負です。



これには、色んな意図がありました。

アタクシの3大指針は、師匠に教わった原理原則があります。


壱:怒らない
弐:冷飲食をしない
参:夜23時までには寝る



1、と2は出来ます。
1と2だけでも性格も生活も激変しました。

しかし、3が出来ない。
2年がかりで出来ないのです。

23時が近づいたら、むしろ「爛々」としてる自分がいます。

夕方〜19時くらいまで、眠たくてしょうがないのに
夜遅くなると「ハレルヤ」ですよ。


それで、仕事を入れたのです。
子供も居ない、切羽詰る事もない、アタクシです。
夫は自立しており、すべて自分で出来る人で、「妻のくせに、女のくせに、〇〇のくせに〜」という人ではありません。


ある意味、願ったりの生活環境の中で、
どうやって「律する」か。

仕事となったらモードが変わる自分の特性を活かして、
朝活をして正そうと思いました。



そうゆう訳で
シリーズ1から
最終のシリーズ3まで、カッコイイかもしれませんが「金」追っかけてるわけじゃないのです。

自分を追い込んでいるのです。







このバイト生活を通して、思います。

この言われなき「制御」の、すさまじい「食いしばり」と
アタクシの何の保証も無い、無限の「自由」という自己責任。


誤解を恐れず言うとしたら
お客様に対しても、アタクシ自分を下げることは致しません。


ご機嫌伺いもしません。顔色も伺いません。すがりません。お願いもしません。おべんちゃらも言いません。


アタクシは「ただいま臨終」の気持ちで、アタクシの中の「誠心誠意」で
今日という日は2度と来ない。と、魂をこめて施術させていただいています。




アタシだから出来た。
アタクシだけが授かったパワーだ。

そうゆうことを言ってる人はすべてウソです。

その人がいなかったら生きられませんか? 自分の内なる「ホトケ」を信じてください。

劇的に変わりますよ。

便器を抱えて吐いてるアナタもです。





とにかく言いたいことは






「アナタ自身を信じてください」





と、いうことです。




たとえ。ヨコシマな人が寄ってきても大丈夫(笑)





同じ水槽の中に泳いでいるように見えてるけどね。
行き先が違うもんね。




いまは全然、頭にも来ないし、ザワザワもしない。
ただその人の「野心」だけが見えたりね。浮いちゃってるけど大丈夫?くらいにね。


同じフィールドには居ないのがわかるから、なんとも思わない。


そして、可憐に一輪


強く、揺るぎなく、ブレずに、一点を見据える 魂のなんと強いことか。

泣くよ。泣ける。凄い。こうゆう人がいるんですよ。

それをアタクシが目を曇らしていたらダメっちゅーことですよ。


この業界でなくたって、惹きつけますよ。


自分自身を律することができる。
すべてを、アタシの持ってる全部を、あますことなく伝えたい。


だってその彼女の向こうに、たくさんの人が居て
彼女はあまたの人を救える。自分のすべてを使ってね。










この画像をね。「ついで」のように送ってきた彼女に救われました。


ありがとう。本当にありがとう。


アナタのピュアな気持ちにどれだけ、心が癒されたか。
これだけは言えます。
東京は明瞭快活でイサギ良いけど「先に提示」する人はいません。

だからアタクシは約束します。
何の縛りもありません。一切の。
ここまで真摯に勉強して下さるのが誉です。

アタクシが扱ってるすべての「物販」も

「物販」ありきじゃないのです。「アタクシ」があって伝わるのです。

だから「モノ」は「物」であり、それ以上でもそれ以下でもなく
使用してどうかです。

どんな名品であってもです。

どんな名人であってもです。







ただいま臨終の覚悟で 第2回の「足裏基礎講座」を3月20日にさせていただきます。
※(既に満席にて募集はしていません)


第3期は6月最終日曜日で、残席2です。
ご予約お問い合わせはコチラで。
全隔週2日間、全11時間、終了ディプロマ付き、教材込みで38000円です。
2期生をキャンセルした方を優遇してるものではありません、改めてエントリーしてください。
初日は必修参加で、2日目はマンツーマン講座も出来ます。初日参加が出来ない方はエントリー出来ません。
http://sharanoki.com/contact

5月15日(日) テクニカルアドヴァンスvol:1
経絡に於ける臨床、カッピング、淤血、氣の巡り、水滞、をテーマ実践。臨床と実践の底厚奥義。
都心における講座の相場は6万円。
鍼灸師であり救命センターの正看護師であった市川先生 ヒガシのコラボ。
机上の論理でないすべての臨床とテクニックを共有。
講座受講生は特別価格。
一般受講も応じます。
場所:日程は後日。
参加人数:最大20名
参加費用:税込1000円 早割4月20日まで。

お問い合わせフォーム:http://sharanoki.com/contact




アタクシの経験からいうと
手の冷たい、変な湿っけがあるお子さんの手を感じたら是非参加してください
なぜなら手の経絡は
「心包」があり、メンタルにつながってるのです。
手の冷えは、足より改善しやすいのです。
おおごとに
一見思うのですが、以外とだいじょうぶ。
アナタに切れて攻撃してるお子さんがいたら、手を触ってみてください。
冷たく、湿っていませんか?
湿ってるとしたら、いまからが本番で情緒は揺れ、
揺れるが茂ります。
森羅万象と共にあるこの哲学を是非学んでくださいませ。


ではではm(_ _)m



沙羅の氣HP:http://sharanoki.com/
沙羅の氣fB:https://www.facebook.com/sharanok
 









 

  • 2018.05.15 Tuesday
  • -
  • 21:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • やまぼうしオートキャンプ場:【修行キャンプ第19弾】
    沙羅の氣 ヒガシ
  • やまぼうしオートキャンプ場:【修行キャンプ第19弾】
    Mini花
  • 第3期足ツボ講座を持ちまして終了します。
    沙羅の氣 ヒガシ
  • 第3期足ツボ講座を持ちまして終了します。
    Mini花
  • 自分で実験してみました。ペペコートの魔法
    沙羅の氣 ヒガシ
  • 自分で実験してみました。ペペコートの魔法
    高橋真紀
  • 拡大していくのは、ひとりひとりの気づき。
    沙羅の氣 ヒガシ
  • 拡大していくのは、ひとりひとりの気づき。
    高橋真紀
  • 2016年1月に思うこと。
    Mini花
  • パーソナルパワー
    Mini花

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM