一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.05.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今回の北海道帰省で最重要事項は、父ヨシヒトの十三回忌法要を恙無く執り行う事でしたが
実は、それに匹敵する、、、いやそれ以上の「使命」がありました。

アタクシの甥っ子の事です。
二ヶ月ほど前から甥っ子「のすけ(仮名)」の事を、母から相談されるようになりました。
のすけは18歳、今年高校を卒業して
四月には、作業療法士になるべく専門学校へ通い始めました。
高校時代はバレーボール部に所属し、真面目そうなドコにでも居る普通の18歳。
叔母であるアタクシとの関係は希薄です。
彼が6歳の頃からアタクシは北海道を離れまして
のすけの母とアタクシの母、つまり姑と嫁の仲が最悪な為、
母マチコは、北海道を離れてアタクシの家に滞在する事が
「唯一のストレス解消&気分転換」なので、アタクシが帰省する事はほとんどありませんでした。
甥っ子といっても、「可愛い♪」という感情もほとんど無く、
「弟の子供」というプロフィール以外にナニがあるの?ってな感じです。

母の話す甥っ子の状況は以下の通り。

☆7月くらいから四股のチカラが入らず、ついには杖をつかなきゃ歩けなくなった。
☆活字を見ると目眩がしたり、鼻血が出たりする。
☆授業が頭に入ってこない。テストは全て赤点。

そしてついに学校から
「休学」もしくは「退学」を勧められた。と、いうものだった。

病院で検査をするも、「異常無し」
札幌の大きな病院へ行っても「異常無し」
やがて「心療内科」へ行け。と、言われる。。。。

これはかつてのアタクシが辿った顛末に瓜二つ。

父ヨシヒトに、「オマエの出番だぞ。」と呼ばれてる気がした帰省。

気が重かった。
「のすけ」の身体の施術を粛々と、淡々とやればいいだけじゃないって事は百も承知。
実母vs義妹 弟夫婦の冷え切った関係、そんな大人たちと一つ家に住むしかない甥っ子たちの闇。

【9/18】

空港からまっすぐ友達の美容室へ行き、その後実家に帰る。
次男坊は2階から降りてくる。
肝心の「のすけ」は「眠い」と行って降りてこない。弟の嫁も同じ。
次男坊の「ゆうた」の背が伸びててビックリ。
ムツゴロウさんのように「ヨシヨシヨシヨシヨーシ」っていいながらゆうたを撫でまくる。ゆうた嫌がる。

【9/19】

あまりにも2階の住人たちが顔を出さないため
夕方「こどもたちーーーーーーーーーーーっ!こどもたちーーーーーーーーーーーーーっ!」と、
狩野英孝のスタッフー!!スタッフー!!ばりのテンションで叫ぶ。これが効果テキメン。
ついに「のすけ」があかずの間から降臨。
3年前に見たイケメンぶりはどこへ行った?っていう風貌。
顔は浮腫み、生気のない目。
身体を触らせてといったら、拍子抜けするほど素直に横になる。

「のすけ」の手足。強烈な冷え。
特に手は、
グレープシードオイルをキンキンに冷やして、冷水で洗った手に塗ったかのような
この世のモノとは思えない触り心地。
「いつも、こんなに冷えてるの?」と聞くと
「わからない。」という。
「子供の頃からこんな冷たかったの?」と聞くと
「わからない。」という。
オマエは金子みずずか!っといって殴る。

お腹の触診をする。
痩せているけれど、胃をかばうように縦上の膨らみがある。
押せば痛がる。※これなんていったかなー>x<中医学的に、、、

うつ伏せになり督脈を中心に(背骨)流そうとするが
蛇のようにうねる。くすぐったくてダメだというが
棒で叩きながら、誤魔化しながらやる。
それでも、あまりにもくすぐったがるので、
「のすけ。ココから(中枢)ココ(神道)まで我慢しろ!」と命令。





のすけの1日目の施術を終えて、、、
思ったよりも悪くてショックだった。

ナニを聞いてもわからない。と、答える。

例えば
「いまは学校を休学してるけれど、いつ頃には復帰したい?」と聞いても
「??わからない??」
「わからないってことないべさ。だいたい、いつくらいには復学しておきたいなーとかそうゆう希望があるでしょ?」

「んー。わからない。」

のすけは私の聞いてる意味がわからないのでなくて
なんでそうゆう事を聞くのかわからない。という感じなのだ。

「自分が決めることじゃない。」

学校は親に勧められて。
休学も学校に「退学か休学か」と迫られて。
とにかく自己評価が著しく低い
そして「無気力」
心も腎も陽の氣が足りてない。
胃と肝には熱が篭ってる。


わずか1週間の滞在でアタクシにナニが出来るというのだろう、、、。

でも、「のすけ」との貴重な1週間。
彼がまず1週間、毎日アタクシの施術を受けるという「決心」をしてもらわなきゃナニも始まらない。
ナニが出来るか?じゃなくて2人で始めるしかない。





「3日で変える!」





よくそんな大言吐いたな。と、我ながら思うけど
「のすけ」を逃すまい。と思うアタクシの決意でした。
施術メニュー:膝下までの足ツボ/腕の経絡/頭部/背面 漢方オイル「蒼朮」配合したブレンドオイル
【帰経】胃・脾

【9/20】

「のすけ」午前11時に起きる。
1時間でもいいから昼前に起きて背中を太陽に当てなさい。と、言ったとおりに。
2つめの約束通り「お白湯」も飲む。
「まずい。」を連発する。
「そうだべそうだべ。」とアタクシ笑う。
「のすけ。白湯は本当はまずくなんかない。正体はただの水だ。
だけどアンタの胃腸の毒出しをしてくれるんだよ。だからまずいのさ。それが甘く感じるまで飲むんだ。」

ナニも言わずに飲む。
ついに「苦げぇっ!」と笑う。

夜に19日と同じメニュー プラスお灸も。家庭用のセンネン灸。
身体の変化は無し。

頭の施術、1日目も相当に痛がったけれど
2日目もまた大爆発していた。

のすけの頭から出てくる「熱気」に、汗だくになる。
となりで見てる母マチコに「のすけの頭に手をかざしてみな?」と誘導する。




「暑っっ!!」



母マチコ、いいリアクションをする。
のすけに自分で頭を触ってみな。と促すも「わからない」という。

やっぱりナニを聞いても「わからない」






迷子の子猫ちゃんか!





と、言うと、うへへへと笑う。

この日、弟がアタシに「姉ちゃんを待ってた。」と言ってきた。
情けないけれど、親が出来ることがあまりにも少ない。
どうやって救っていいのかわからない。と、言ってくる。

アタクシはこうゆう三文芝居には厳しい。

考えてみたら、アタクシと弟の仲もなんだかおかしい。

だけど今、そんな事をイチイチ拾っていたらキリが無いし
いまは粛々とのすけの施術するだけだ。

1週間たったらあとは「のすけ自身」がこれを「キッカケ」に出来るかどうかだ。

 

【9/21】


倶知安の後輩の所でラーメンを食べる前に、ニセコの「五色温泉」に入ってきた。
いいお湯だった。
氣には「元気」「衛気」「営気」「栄気」と4種類あるけれど
アタクシのルーツ 北海道の大地から湧く温泉は格別の「栄気」がある。

五行哲学の「木・火・土・金・水」の「土」
「母」は「土」のカテゴリーである。
母なる大地である。この場合、子供は「木」である。
母は自分を犠牲にしてまでも、伸び伸びと大地に根を生やさせ育くむのだ。

しかし、土=母が過剰であれば、途端に根を腐らすのが怖い所である。
過剰であれば腐り、過少であれば成長に必要な臨界点を未熟なまま過ぎてしまう。

「のすけ」は18歳。

18歳にしては幼い。という印象がある。

最後に備わるのが「腎の気」と言われる。
様々な見解があるようだけど、アタクシは「腎の気」の素地が出来上がるのは
「中学生まで」と思ってる。
「腎の気」=「生命力」と言っても過言ではない。
とくに男性は「腎のパワー」が無いっつーことは
生殖機能も「ごめんけど、、、。」って事になる。

過剰なグランドマザー及び過少なマザーのつばぜり合いの末に、
大きな大きな子供がノソッといつまでも居るご不幸。
笑えない、、、、。

しかし「腎の気が身体の隅々まで巡る」と言われる24歳までは
まだ間に合う。

いまから「手塩にかけて育ててればいい。」


20時半「のすけ」が階下に降りてくる。
あれ?と、一瞬思う。
挙動が「男らしく」なっている。

いつものようにマットを引き、枕と、バスタオルを用意して横になってもらう。
足の湧泉をあける。手の労宮をあけ、、、、、る、、、
あれ???????
手!!のすけ!!手!!!!!!
手〜〜〜〜あったかい〜〜〜〜〜〜手〜〜〜〜〜〜〜〜

ママ!!☚マチコの事
のすけの手があったかい〜〜〜〜〜〜〜(涙)

「ホントだ!」とグランドマザー喜ぶ。

のすけは子犬のようにアタシを見てる。

「手あったかいじゃん!!わかってた?!なんか変化あった?」

「・・わかんない」

「まだ言うかっ!」と言って頭を叩く。
ウヘヘと笑うのすけ。

爬虫類を触った事もないし、爬虫類好きにの人にはごめんなさいだけど
半解凍爬虫類のような手を持つ「のすけ」の手。
ヌルッとした気持ち悪い冷や汗も無くなった。
暖かい「のすけ」の手。
ありがとう。と、思った。

手の経絡は 肺、大腸、心包、三焦経と、のすけのメンタルにも変化をもたらす重要な経絡である。
また呼吸は全てのスィッチで有り、さらに腸内環境の改善へとリンクしていく。

いまは自覚がなくたっていい。

だって「ワンネス」だから。
だって「心身一如」だから。
鶏が先か、卵か先か っていうだけの違いでしかないから。


3日で変える。と、豪語したアタクシ。結果は出ましたが
そんな事よりも!

のすけの手の暖かさが、とにかく嬉しくて嬉しくて、、、。
 

【9/22】

今日の「のすけ」の手も暖かい。
胃も違和感があるけれど、だいぶ和らいで来てるとの事。
丹田にも灸を据えるんだけど

メリッと、ズボンをおろすんですよ。

6歳の甥っ子の記憶が一番鮮明なアタクシにとって
ズボンを下ろした時に出てくる甥っ子のギャランドゥーに
ビクッ!としながらも灸を据えるんです。ええ。




しかし、頭の経絡を流すと、、、、
毎日やってるのに、そのたびに怒髪天は解消してる手応えを感じるのに
まーた何かしらの熱気を感じるのだ。

「のすけ、あんた対人ゲームやってる?」と聞く
「うん。」
「オンラインだべ?」
「うん。」

なるほどな。
そりゃそうなるわ。
皆さんご存知の通り、インターネットなどの電磁波はネガティブである。
夏休み明けに子供が学校に行かなくなるのもネットやラインの害毒である。
ネガ電磁波に乗っける言語は、どんなに正論だろうと炎上したりするのが常である。以上。

のすけ18歳、引きこもり、部屋でオンラインゲーム、女に興味無し。車の免許いらねーし。






王道やないかーい!(涙





午前中のうちに起きる、起きたら白湯に加え、食事も野菜から食べる、それに加え弁当禁止令
これは母である義妹に言うべきことである。

一番言いたくない事、人、

誰がネコの首に鈴をつけるのか、、、、、、







アタシかーい!(涙




本当はね。この手の暖かさも母マチコでなくて、義妹に一番最初に握ってもらいたいもんだけどね。

それはアタシの範疇を超えてるからね。

のすけは、この母と父である弟を選んで産まれてきたんだから。

のすけの試練なんだ。よくぞアタクシを巻き込んだ。

弟と義妹は21日から 「のすけと散歩をする」を習慣にしはじめたようだ。
アタクシが帰るまで、それは毎日続いていたのできっといまもやっているんだろう。
母マチコがのすけの背中を流し、灸をすえてるように。
 

【9/24】

23日はすすきので飲みだった為、施術はお休み。
24日、、、ついに足に変化が!

完璧ではないけれどひやっ〜〜と芯から冷えてる足が、
「ヌル感無し」に変化してたのだ。

足の冷えにはココ!っていう「太衝」に灸をした結果ですね。



そもそも湿気の伴う冷えや痛みは
ものすごーく「灸」が合います。
アタクシはその昔、足小指の爪の際に灸を据えながら「ロキソニン」を飲んでました(笑)
これが、奥さん。痛みに早く効くんです。
東洋医学への冒涜ですね。書いてて笑っちゃいました。

特に日本人には「灸」がピッタリだ。って言ってました。
誰だったかは忘れました。ええ。



「のすけ」さん、明らかに顔つきに変化が出てきました。
生気の無い目に光が宿ってきました。

「わからない大魔神」だったのすけ。

ちょっと言葉のチョイスが変わって来ました。

「嫌いなものはすぐ言えるけど、好きなものがわかんない。」

(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

会話になってきてるやないかーい。

つか、俯瞰で見れてるやないかーい!

「それでいい。焦らなくていい。」って言ったら

「別に、焦ってねーし。」

コイ!ごらぁあ《゚Д゚》ギャランドゥーむしったるわ!!!
 

【9/26】

25日はアタクシが体調不良につき出来ず、
26日、最後の日に朝8時に起きて施術。
のすけは7時から起きてスタンバイ。

手は安定的にあたたかく
足もばっちり冷えが解消。

そして胃は違和感は残るも、最初の押圧された時の痛みはウソのようになくなったとの事。
自律神経の束である「督脈」は
ちぎられたミミズのようにクネクネとくすぐったがってたのに、
まったく動じる事なく受け入れるようになり
頭の沸騰もついに収まり、
「頭寒足熱」を整える事が出来ました。

のすけから希望のような言葉はついに聞くことは出来ませんでしたが、、、、

ハッ!と思い立ち、こんな質問をしてみました。

「アタシがアンタの施術をしてるこの期間に、段々ゲームやるのめんどくさいな。って思わなかった?」

「思った。」

「おお。思ったか!インターフェイス見るのもイヤだと思ったでしょ?」

「うん。ログインしてみたけどすぐ落ちた」




よしっ!!”




勝利宣言です!









このまま、このまま、
あとは家族で肝が変わるまでの1ヶ月チョイを支えてくれれば
のすけの体内は書き変わる。
今までの習慣、思考の種はアンインストールされる。


母、マチコが「叔母と孫が信頼しあってる姿を見れて良かった」と言ってきたので、
それは自分が良かったってハナシでしょ?そうでなくてさ。
「ママ。祖母としてナニをしてあげたいと思った?」と聞いたら


「いがみあわずに仲良くやっていこうと思った。」


もうね。驚きのあまりひっくり返りそうになりました。

まさか、母からこんな言葉が聞けるなんて、、、、

経絡は凄い。って言いたいのは山々ですが、本日はその言葉で結びません。




甥っ子は凄い。



我が身を削って家族をまとめあげた。


「のすけノート」を作りました。

どこにお灸をすればいいのか、
ナニを食べさせればいいのか、
自分で出来ることはなんなのか、
ここは誰かがやってあげてほしい事などを。

そして、義妹宛に手紙を書きましたが
本当は口頭で言うべきだなーとつぶやいたら

のすけが「起こしてくる!」というではありませんか

「いいって!のすけ!起こさなくていいって。」って言っても
2階へとあがっていっちゃいました。

あぁ、、、、、やっぱりネコに鈴をつけなきゃならないのね、、、。クスン



寝起きです。っていう顔をした40歳の義妹。

のすけを1週間触らせてもらって、どう改善したのかを説明して
そしていよいよ本題です。

「のすけは胃があまり良くない。この子に弁当やカップラーメンなどの添加物はキツイよ。
コンビニ弁当を絶対に食べさせないで。コンビニ食べさせるくらいなら、むしろメシと納豆だけで充分だ。」とね。

彼女の顔色が変わった。

心の中で
「ごめんよ。そうせざる得なかったアンタの状況を聞いてもやらずに。」と思う。

義妹はコンビニで働いており、お弁当を持って帰って来ており
姑との折り合いが悪いため、なるべく顔を合わせたくない
姑vs嫁の冷たい戦争の犠牲が子供達なのだ。
朝は母が持ってきた弁当を食べて学校へ出る。それをすでに5年以上続けてる。

本当は義妹にも施術をしてあげればよかった。と、今になって思う。


弟が「のすけが毎日降りてきて、身体を触らせるなんで奇跡だ。」と言ってたけど
果たしてそうだろうか?と思う。

誰か助けてくれ。って思ってたんじゃないかな?

その誰かはアンタたちじゃないと、諦めてたんじゃないかな。

だけど、そのアンタたちの比護の元でしか生きられないとしたら、、、。


しかし何度も言うようだけど、これは「のすけ」の試練である。
それでも切り開いて生きていかなきゃならない。

のすけの施術をやらせてもらって、つくづくアタクシの出来る事は僅かで有り、
あとは本人次第なのだ。というラインを再認識できた。

彼がどう変化していくか、祈っていきたい。
そしていまは、心から甥っ子が可愛い。
心から彼の再生を信じている。


長い長いblog 自分の備忘録のためにも書きました。
読んでくださってありがとうござます。
お子様を持つ、すべてのお母さんのために。





沙羅の氣HP:http://sharanoki.com/

紗羅の氣FB:https://www.facebook.com/sharanoki



 

  • 2018.05.15 Tuesday
  • -
  • 17:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
いいお話ありがとう。変わる前から、のすけかわいいやつだなあと愛着をなぜだかもちました。作業療法士になるなら、その前に美樹さんが施術を教え、のすけの勉強のために、のすけのお母さんに実験台になってもらえたら一石二鳥だよなあ。
私も触るってとっても大事だと思うよ。私は子供が小さい頃、怒るときは抱きしめながら怒るときめてたよ。
みゆきさん、コメントありがとう=♪
みゆきさんの提案、素晴らしいですねっ!ホント、是非それを実現したい。のすけも我が身で体験した変化ですもの。リハビリをお手伝いする仕事の道は必ず開いていくだろう。と、思ってます。
  • 沙羅の氣 ヒガシ
  • 2015/10/04 10:07





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • やまぼうしオートキャンプ場:【修行キャンプ第19弾】
    沙羅の氣 ヒガシ
  • やまぼうしオートキャンプ場:【修行キャンプ第19弾】
    Mini花
  • 第3期足ツボ講座を持ちまして終了します。
    沙羅の氣 ヒガシ
  • 第3期足ツボ講座を持ちまして終了します。
    Mini花
  • 自分で実験してみました。ペペコートの魔法
    沙羅の氣 ヒガシ
  • 自分で実験してみました。ペペコートの魔法
    高橋真紀
  • 拡大していくのは、ひとりひとりの気づき。
    沙羅の氣 ヒガシ
  • 拡大していくのは、ひとりひとりの気づき。
    高橋真紀
  • 2016年1月に思うこと。
    Mini花
  • パーソナルパワー
    Mini花

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM